賃貸マンションでフリーライフを楽しもう!賃貸マンションの知識をご紹介しています。

賃貸マンションの入居審査

賃貸マンションに入居するには、大家さんからの入居審査というのが行われるのが一般的です。法律的に入居審査をするのは決まってはいないのですが、貸す側の大家さんからすれば貸す人間を審査しておきたい気持ちも分かります。やはり大家さんもトラブルを招くような人を入居させたくはないでしょうから。
審査せずに入れてしまって家賃を滞納して逃げていってしまったり、人柄に難があり住民達のトラブルメーカーを入れてしまい他の住民たちに迷惑をかけないためなどの理由で行われるようです。
ここでは、入居審査について簡単ではありますがご紹介していきたいと思います。こちらも借りる側も部屋探しを行うのですから、貸す側も人選選びを行っているということです。入居審査でチェックするところなど簡単ではありますが、参考になれば幸いです。

入居審査の方法

大家さんの目線

大家さんが入居審査で見る場所は主に、【家賃がちゃんと払えるか・職業はちゃんとしているか・人柄はどうか】などを不動産の方に聞いて判断すると思います。この入居審査も大家さん次第では、不動産から話を聞いて判断する人もいれば、直接借りる本人との面接を行うところもあるようです。「なぜ入居するのに面接が?」なんて思う人もいると思います。中には面接があるというだけで借りるのをやめる人もいるようです。確かに面接と聞くと堅苦しいイメージがありますので、借りるのを辞めたくなる気持ちもわかりますが、面接をするということはこの面接に受かった人しか入居していないということになりますので、トラブルなどもあまりなく生活していくことが出来るといえるかもしれません。
賃貸マンションでの1人暮らしの部屋探しをしていて、もし入居審査の面接があるからといって候補から外すのではなく、上記のように考えれば、逆に安心した1人暮らしが出来るということでもあるかも?!
ちなみに入居審査が通りづらい人は、フリーターの方や無職の方(家賃滞納の恐れがあるため)、友人と二人で部屋を借りる場合(二人で家賃を割っているためどちらかがいなくなるとすぐに家賃滞納になるため)などが多いようです。入居審査で一番見ている場所は、家賃を滞納せずに払えるかどうかを見ているといえますので、自分にその恐れがないのであれば落とされる可能性は低いといえるでしょう。
それに、面接がない場合には、大家さんは不動産屋さんに聞くことが多いので、事前に会う不動産の担当の方にはよく見せておくことも重要でしょう。不動産の担当の方が貴方を見て人柄が悪そうだなと大家さんに伝えるだけで入居審査に通らない可能性もありますので、やはり不動産の担当者へ悪い印象を与えないように注意しましょう。

Last update:2014/10/10

一人暮らしへの憧れ

一人暮らしを憧れる方もたくさんいらしゃいませんか?
ですが一人暮らしは今まで家族がしてくれていた洗濯や食事の準備などを全部一人でやらなくてはいけません。その反面一人になれるので、プライベートの自由が手に入れる事になります。
ですが一人暮らしをすることで家族のありがたさや苦労などが分かるでしょう。
当サイトは、今から一人暮らしを始めたいという方へのお部屋探しのお助けサイトになっています。ぜひ役立ててください!